『八尺八話快樂巡り〜異形怪奇譚〜』第2話あらすじネタバレ

第二話:ヤマノケ【八尺八話快樂巡り〜異形怪奇譚〜】

山中での遭遇
八尺八話快樂巡り〜異形怪奇譚〜
作者:叔火
【DMMコミック】電子:八尺八話快樂巡り(アダルト)SP/PC-SEO

 

(第二話)
八尺様

 

男が話し終わると、今度は私が怖い話をしましょう…と運転手が口を開く。

 

それは紅葉狩りに行ったカップルの話だ。

 

車で山奥まで出かけた二人は景色に夢中になり、気が付けば帰り道はすっかり暗くなっていた。

 

慣れない道を地図を片手に試行錯誤する男。

 

どうやら迷ってしまったらしく、もしかしたら帰りは明日になってしまうかもしれない…

 

焦る彼の横で、恋人の女性はイビキをかきながらすっかり眠り込んでいた。

 

呆れ顔で彼女を起こした男は、寝るなら広いから後ろに行けと気遣いを見せる。

 

そんな彼の行為に甘え、後部座席で寝転ぶ彼女。

 

周囲には街灯もなく道はさっぱり分からない…

 

朝まで待ったほうがいいかもしれない、そう思って男も一眠りしようとハンドルに寄りかかる。

 

すると何処からともなく不思議な音が聞こえてきた…

 

遠くからは何かが走ってくる様子が見え、それは段々と車の方へと近づいてきた…!

 

「テン ソウ メツ」と繰り返しつぶやきながらこちらへ向かってくるもの、それは異形の姿をした化物!?

 

男は声にならない声を上げ、全身が逆立つような感覚に囚われる。

 

まずいまずい、そう思っていると化物はこちらを見ることなく車の横を通り過ぎていく。

 

それを見届けた男は後部座席を振り返って、今のうちに山を降りようと彼女に声をかける。

 

だが、窓の外には先ほどの化物が張り付きニターっと笑っているではないか!?

 

慌てて車の外に出て化物を追い払おうとする男。

 

だが、化物の姿は忽然と消えてしまっていた。

 

また出てくる前に逃げないと!

 

慌てて車を走らせる男の後ろで目を覚ます彼女。

 

だが、彼女の体の中には既に化物が入り込んでいた!

 

異形なエロ描写が恐怖心を掻き立てる!

八尺八話快樂巡り〜異形怪奇譚〜

▼▼まずは無料サンプル試し読み!▼▼

【DMMコミック】電子:八尺八話快樂巡り(アダルト)SP/PC-SEO

▲▲無料試し読みは画像をタッチ▲▲

DMM電子コミック(PC & スマホ対応)

試し読みは完全無料です!

八尺八話快樂巡り〜異形怪奇譚〜|配信タイトル一覧